『乾燥』と『冷え』は“めぐり”の低下が原因かも!!

 

こんにちは!
温かい飲み物や食べ物が恋しくなる季節になりましたね!手足が冷たく、お肌がカピカピになっていませんか?
寒さを感じると自然と温かい物が恋しくなるもの!
それは、温かい物を摂取すると体温が上がり、胃腸の働きが活発になって新陳代謝を促し、寒さから体を守ることができるため、自然に体が欲するのです。
内臓の働きが低下しているときは、美肌に必要な保湿性成分などがうまくつくられなくなり、さらに、寒い時期は体が、血液を脳や心臓に運搬することを優先するため、体表の血流が悪くなるので、有効成分がお肌に運ばれず、『カピカピ肌』や『ひんやり肌』に悩まされる結果につながります!
『カピカピ肌』や『ひんやり肌』からお肌を守るには・・体の内側に着目し、血液やリンパの『巡り』を高めて肌細胞や内臓の活性化につなげる必要があります。
『巡り』を高めるポイントは、【温める&リラックス】が有効!!
自分でできる一番の近道はゆっくりお風呂に入ること

お風呂につかる時は湯舟に浸かって、緊張で固まった筋肉や神経をリラックスして開放してあげて下さいね!