目は口ほどに物を言う

『目は口ほどに物を言う』ということわざがあります。
意味は、どれほど言葉で偽っても目にはその人の内面が表れるというものです。

目に関連することわざや慣用句はたくさんあります。
それもそのはず、感覚器官の中で外界からの情報の8割を目から受けっとっているそうです。
顔(頭部)でエネルギーを大量に消費しているのも、脳とその一部である目です。

大昔から人は目にどれだけ頼って生きてきたか、思い知らされます( ^^) 

医療の分野では心だけではなく、内臓の状態も目に表れると言われます。
特に『肝臓』
目には血液や酸素をしっかりと届け老廃物を運ぶため、毛細血管がびっしり張り巡らされています。
その重要な血液がどこから来るかというと「肝臓」
なので、「肝臓」がお疲れで血液がドロドロと汚れているとそれが目に表れるということなんです。

白目が充血したり、クマができたり、乾いたり、様々な目のトラブルは内臓からのサインでもあるんです。
目のトラブルが出たら何となくやり過ごしてしまうのではなく、生活習慣を見直したり、休養する時間を作ってあげてください。

目の美容院の施術は表面的なお疲れだけではなく、中医学の考え方も取り入れ、根本的なお疲れ解消を目指しています!
目のお疲れを感じたら目の美容院へ。
お気軽にお越し下さい(^^♪