紫外線対策だけでは不十分!?

こんにちは!

 

今日は前回のブログに書いた近赤外線について、詳しく書いていきたいと思います(*^-^*)

 

最近の研究で、肌老化の原因の8割が光老化だということがわかってきて、1年通しての紫外線対策が定着しつつあります。

 

時々、日焼け止めをしっかり塗っているのに真っ赤になってしまうという方がいるのですが、近赤外線がその原因として関わっていることがわかってきました。

 

近赤外線とは太陽光の一つです。

 

太陽光線は、地上に届くものを大きく分けて、紫外線・可視光線・赤外線に分けられます。

雑誌などでもよく見かけるようになった、近赤外線は、赤外線の1種です。

 

赤外線は、太陽光線の中で、50%あまりを占めているとされていて、紫外線は10%、人の目で見える光の可視光線は、40%ほどだと言われています。

 

約半分が赤外線ですので、紫外線対策だけでは不十分だということが分かるかと思います。

 

紫外線の肌への悪影響は、シミ・そばかす・たるみを引き起こすなどですが、近赤外線の肌への悪影響は、光線過敏症・発汗・赤ら顔・発熱・光老化(シワ・たるみ)と様々です。

 

ですが、近赤外線も決して悪い側面だけではありません。

 

照射をコントロールすることで、美肌効果があることからサロンなどで用いられています。

また近赤外線による熱を使って温めることで、血のめぐりを良くするなど使い方次第でよくも悪くもなるものなのですが、太陽から降り注ぐ近赤外線の照射量をコントロールするのは不可能なので、対策が必要になってくるんです。

 

近赤外線を浴び続けることによる老化現象として、筋肉が衰え縮んでしまうと言われています。

筋肉の衰えは、肌のたるみにも影響することから肌老化を加速させてしまいます。

 

日焼け止めを選ぶときには、近赤外線カット効果があるかどうかも、確かめてみてください(*^-^*)