· 

「目の老化」をあきらめるな!④

こんにちは!

 

今日は「目の老化」をあきらめるな!第4弾、週刊文春(2018.5.31)から「緑内障」について抜粋していきたいと思います!(^^)!

 

『日本人の失明第1位の病気だ。

目の奥にある視神経が眼球内の圧力(眼圧)で押し潰されて視野が欠け、病気が進むと失明する。

 

なぜ、眼圧は高まるのか。

眼球の中には「房水」という液体があり、つねに一定の量になるよう循環している。

 

ところが、老化現象で排水口が目詰まりを起こすことがある。

房水の湧出に排出が追い付かなくなり、眼圧が高まる。』

 

眼圧は高くないのに緑内障が起きることがあるそうです。

日本をはじめとするアジアでは一般的な緑内障よりも圧倒的に多いそうです。

 

『正常眼圧緑内障の原因と考えられるのが「酸化ストレス」。

視神経の繊維が酸化ストレスで弱くなり、正常圧の眼圧に耐えられなくなっていく。

 

酸化ストレスは老化現象のひとつなので、老化が生み出す目の病気といえる。

 

糖尿病の合併症として起きるタイプもあるので、糖尿病と言われたら必ず眼科を受診してください。』

 

緑内障の治療法は今現在見つかっていません。

症状を抑える方法しかないのが現状です。

 

お客様の中にも緑内障と診断され、1年以上通って下さっている方がいます。

2ヶ月に1度検診に行くのですが、症状に進行は見られないそうです(*^-^*)

 

見えていた世界が見えなくなるのは、とても怖いことです。

 食事、運動、睡眠を見直すのはもちろん、スマホ、パソコンで酷使した目には、目の美容院でのケアがおススメです。