· 

天然のサングラス「ルテイン」

こんにちは!

 

前回「ルテイン」が目の老化を防ぐということをご紹介しました。

 

今日は「ルテイン」のことをもっと詳しく書いていきたいと思います(^^)v

 

ルテインとはカロテノイドの一種です。

 

カロテノイドとは、生物界、特に植物界に広く存在する黄・橙・赤・紫色の天然色素の総称で、優れた抗酸化作用を持ち、美肌や目の健康、ガン予防などに優れた効果を発揮すると言われています。

 

ルテインは眼球の水晶体と黄斑部に存在しているため、老化によって起きる老眼はルテインの不足が原因の1つになっていることが多いようです。

 

目は、人間が持っている臓器の中で唯一露出している部分です。

まぶたが閉じているとき以外は常に光にさらされることになります。

 

黄斑は、名前の通り黄色く、これはルテインの色だそうです。

この「黄色」に目の老化を防ぐ重要な意味があります。

 

黄色は青い光、つまりブルーライトの刺激から目の組織を守る働きを持っています。

ブルーライトは可視光線の中で、目に与えるダメージが最も大きく目の奥にまで、到達してしまいます。

 

ルテインは目の水晶体や黄斑部に多く見られるので「天然のサングラス」と言われているんですね(*^-^*)

酸化ストレスを抑えるだけではなく、「光の攻撃」からも目を守ってくれています。

 

しかし、年齢と共に減少し、体内で合成することはできないので、食事で積極的に摂る必要があります。

緑黄色野菜を日常的に食べる人でない限り、不足しやすい成分です。

 

ルテインは、目だけでなく肌も紫外線から守ってくれる働きがあります。

不足状態が続くと肌の乾燥やたるみが見られるようになるなど、肌にも大きなダメージを与えることになります。

 

ルテインが多く含まれているのは緑黄色野菜。

特にほうれん草に多く含まれています。

 

だからと言って、ほうれん草ばかりを食べても栄養が偏ってしまいますので、色の濃い野菜を意識しつつ、バランスの良い食事を心がけてみて下さい(*^-^*)

 

野菜が足りていない!と思った時にはサプリメントを取り入れるのもおススメです。

「あいあい青汁」にはほうれん草を始め、色の濃い野菜が22種含まれています。

青汁は飲みにくいイメージがあると思いますが、「あいあい青汁」はとても飲みやすくなっています♪

 

目の健康、全身のアンチエイジングのためにも「ルテイン」をぜひ、覚えておいてください(^_-)-☆