· 

目が疲れた時の簡単セルフケア

こんにちは。

今日は目が疲れた時の簡単セルフケアについてお伝えします。

 

疲れた時に、疲れ目に効くツボを押すだけでも、筋肉の緊張がほぐれて目の血行が良くなり疲れが軽減されます。

目の美容院の施術は目の周りだけでも、片目10ヶ所以上のツボを磁気とマッサージで刺激していきますが、それを全部覚えるのは大変ですし、微妙なツボの位置を把握するのは難しいです。

 

ですから、誰でも分かりやすいツボを5つだけご紹介します。

上の図の1番2番3番6番9番の5つです。

 

①晴明(せいめい) 鼻筋と目頭の間にある骨のくぼんでいるところ。

          疲れ目・頭痛・視力回復・鼻水の症状に効果的なツボ

 

②攅竹(さんちく) 眉頭の内にあるくぼみの中。骨のふち上。

          疲れ目・乾き目・頭痛・老眼・顔のしわ

 

③魚腰(ぎょよう) 眉毛の真ん中、瞳孔の真上、骨のふち上のくぼみ

          乱視・老眼・頭痛・白内障・疲れ目

 

⑥太陽(たいよう) 目尻とこめかみの間のくぼみ

          視力回復・頭痛・歯痛・疲れ目

 

⑨承泣(しょうきゅう)瞳孔の真下、骨のふちのくぼみ

           疲れ目・近視・遠視・乱視・白内障・充血・緑内障・目のかゆみ

 

これらのツボを軽く指で心地良い程度に押すくらいで大丈夫です。目の上側(②・③のつぼ)は座ってひじをついた姿勢で、親指で下から上側に押すとツボに入りやすいです。目の下は人差し指で軽く、こめかみ辺りの⑥太陽のツボは中指で両側から押すと押しやすいです。

 

セルフで行うとついついグリグリとほぐしてしまいがちですが、目の周りは皮膚がとても薄いです。

力を入れてグリグリしてしまうと皮膚をこすってしまい、シワの原因になりますので、くれぐれも優しく心地よい圧を心がけて下さいね。

 

心配な方は是非、目の美容院の熟練スタッフにお任せ下さい。

サロンでは、目の奥の血流を良くするために体全体のツボを刺激して目のお疲れを癒していきます。

 

不安な方は、お問合せだけでも大丈夫です。お気軽にご連絡下さいね(*^-^*)  

松本