· 

今話題のプロテオグリカンとは?!

「プロテオグリカン」は、最近、化粧品、健康食品、医薬品の原料として幅広く使用されています。通販番組などで聞いたことがあって「気になっていた!!」という方も多いのでは・・と思います。

 

プロテオグリカンは、コラーゲンやヒアルロン酸と同様に保水性に優れており、最近美容業界や健康食品の業界において注目されている成分の一つです。

 

当サロンのヒト幹細胞培養液フェイシャルコースでも沢山のプロテオグリカン美容液をお肌に導入したり、パックの時もたっぷりとお肌に吸収させます。

だから、施術後は皆さんビックリするくらいお肌がプリプリになります。

 

でも、プロテオグリカンって何が良いの?っと思っている方も多いと思うので、

今日は、プロテオグリカンについて少し詳しくお伝えします。

 

プロテオグリカンとは、人の体内に存在していて、

タンパク質に糖が結合した糖タンパク質の一種です。現在20種類ほど確認されています。「プロテオグリカン」の「プロテオ」とはプロテイン(protein)、つまりタンパク質を意味し、「グリカン」は多糖類を意味します。

 

この糖は水となじみやすいため、スポンジのように多量の水を保持することができます。ヒアルロン酸(1gに6ℓの保水力)のさらに1.3倍も保水力があると言われています。

また、プロテオグリカンのタンパク質は、保水力のほかに、衝撃を吸収するクッションのような機能を持っています。

これらの機能によって、皮膚では弾力が与えられ、関節の軟骨では衝撃が吸収されます。

 

他にも、

 

*EGF(上皮細胞増殖成長因子)に似た効果があるので、細胞の成長や増殖を促す効果

 

*ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促す効果があるため、肌の乾燥やシワの防止、たるみ、くすみなどの改善が期待できる。

 

*軟骨の再生を促進することができ、変形性関節症の症状を緩和する効果が期待できる。

 

*老化を促進する活性酸素の発生も抑制できるため、肌を若々しく保つ効果も期待できる。

 

など、沢山の効果が期待されています。

 

プロテオグリカンは動物の皮膚や軟骨に豊富に存在しているため、日本では鮭の鼻軟骨から抽出したものが多いです。

当サロンでも、青森県のPGブランド認証の安全性と品質管理徹底された化粧品を使用しています。

このプロテオグリカンがたっぷりと配合されたヒト幹細胞培養液美容液の【ステムセラム】をホームケアでも使用し、肌の変化を実感されるリピーター様が続出中です。

 

気になる方は、スタッフまでお問い合わせくださいね!(^^)!

 

松本